本文へ移動

園だより

ふれっしゅ 7月号

ひらき <保護者だより№4 令和3年7月1日 発行者:一瀬祐志>

 サンサンと照る真夏の太陽が出始め、空の青さも少しずつ輝きをましてきています。年長児が育てている朝顔は例年より生長が早く、ほとんどの子ども達の花が咲いています。
 早いもので、1学期がもう終わろうとしています。コロナ禍の中で形を変えつつも、行事を行えたことが本当に嬉しく思います。無事に行事が行えたのも、保護者の皆様のご協力があってのことです。本当にありがとうございました。今月もまだ誕生会や保育参観、子ども達が楽しみにしているプールと、残りの行事もありますので、安全に気をつけながらやっていきたいと思います。
 そして、まもなく子ども達が楽しみにしている夏休みがあります。生活リズムが変わりやすくなりますので、規則正しい生活を心がけながら、楽しく過ごし、また元気に登園してきてほしいです。

クラスからのお知らせ

★年長(ゆきぐみ)
 ・7月15日(木)にあさがおを持ち帰りますので、大きな袋をご準備下さい。(※ゴミ袋大がおすすめです。)
 ・夏季保育にいかだ作りをします。四角のペットボトル(500ml~2ℓ)があったら、中身をきれいに洗って、ふた付きでお願いします。
  8月5日(木)までにお願いします。

★年中(ほしぐみ)
 ・夏季保育に水鉄砲を作ります。空の食器用洗剤を7月16日(金)までに持たせて下さい。(※中身はきれいに洗ってきて下さい)
 
★年少(はなぐみ・にじぐみ)
 ・夏季保育でじょうろを作ります。7月12日(月)までに、かためのペットボトル500ml(ふた付き)を持たせて下さい。

ふれっしゅ 6月号

ひらき <保護者だより№3 令和3年6月1日 発行者:一瀬祐志>

 今年は平年よりも20日早い梅雨入りになり、いつも以上に外で遊ぶ機会が減ってしまいましたが、園児達はパズル、ブロック、粘土などの室内遊びを満喫してます。友達の輪も広がり、遊びながら「これいいね」、「一緒にしよう」など会話を楽しんでいる姿も見られるようになりました。
 6月は1学期の中で最も保育が充実できる月です。特に新入園児は園生活にも慣れて、“地”の自分を出してくる頃だと思います。一人ひとりに寄り添いながら、心から楽しめる園であるよう頑張っていきたいと思います。
 また、梅雨冷えで気温が下がったり、晴れて蒸し暑くなったりと体調管理が難しい時季でもありますので、汗の始末や水分補給、衣服の調節など健康管理に気をつけ、手洗い・うがい・消毒の励行を引き続き行って過ごしていきたいと思います。

 

クラスからのお知らせ

★年長(ゆきぐみ)
 父親参観と七夕飾りの製作のため、トイレットペーパーの芯を2本ご用意ください。(内側に記名をお願いします。)6月10日(木)までにお願いします。
 
★年中少(ほしぐみ・はなぐみ・にじぐみ)
  7月5日(月)にプールの事前活動として水遊びをします。準備物をご用意していただいて、当日持たせてください。
 〇準備物(全て記名をお願いします)
  ・水着   ・水泳帽子  ・バスタオル  ・着替えの下着  ・袋(水遊び後の水着入れ)
※雨天決行します。

ふれっしゅ 5月号

ひらき <保護者だより№2 令和3年5月1日 発行者:一瀬祐志>

 行く春を惜しむ間もなく、夏めいた日差しがサンサンと降り注ぎ、暖かさより暑さを感じるようになってきました。また、芽吹きの季節を後押しするように、園児達はクラスの友達の名前を覚え、クラスに活気が出てきています。
 新しく入園してきた園児達も園生活のリズムに少しずつ順応し始め、笑顔が見られる時間が随分増えてきました。時折不安に感じることもあるようですが、日々成長中といった感じでしょうか。
 大型連休を挟むことで園生活のリズムが取れなくなる園児が出てくとは思いますが、園児一人一人の歩みに合わせつつ、楽しい園生活を送れるようにしていきたいと思います。まだまだ新型コロナウイルスが予断を許さない状況ですが、しっかりご家庭でも予防策を取りなが安全で楽しい生活を送っていただきたいと思います。

クラスからのお知らせ

★年中(ほしぐみ)
  時計の制作で、ティッシュの空き箱を使います。5月10日(月)までにご用意下さい。
 
★年長(ゆきぐみ)
  時計の制作で、空き箱(箱ティッシュ以外)を使います。大きさは自由です。 5月17日(月)までにご用意下さい。
  

ふれっしゅ 4月号(2021年度)

ひらき <保護者だより№1 令和3年4月6日 発行者:一瀬祐志>

 ご入園・ご進級おめでとうございます。
 日の光がぬくもりを増し、春らしい陽気が続き、新たな出会いに胸が膨らんでいます。

 新しい環境・新しい友達と期待と不安でいっぱいの園児たちが一日でも早く全員が安心して喜んで登園できるように、1

人1人の気持ちに寄り添い、関わっていけるように取り組みたいと思います。

 また、コロナ禍が続いており、様々な制限等をお願いすると思いますが、園児にとってよりよい一年になるように、そして保護者の皆様を含め園児たちに関わる多くの大人たちにとってもよい一年になるように、園とご家庭で協力しながら過ごしていければと思います。よろしくお願いします。

クラスからのお知らせ

★年中(ほしぐみ)
 5月の制作でこいのぼりバックを作りますので、ティッシュの空き箱を4月16日(木)までご用意下さい。

ふれっしゅ 3月号

ひらき <保護者だより№12 令和3年3月1日 発行者:一瀬祐志>

 うららかな春の日差しを浴びて、木の芽が膨らみ始め、春の訪れを感じさせてくれる季節になりました。早いもので今年度も残り1ヶ月となりました。コロナ禍の中、例年のように行事等を実施できなかった年ではありましたが、園児達は様々な行事や活動を経験し、一つ一 つ終
えるたびに成長していったように思います。“できた”と感じることで自信をつけ、次のステップへと歩んでいって、少しずつたくましくなって
いったことでしょう。今では年度初めの4月とは全く違う顔つきや表情になっているはずです。
 これから大きな環境の変化として、就学・進級を迎えることになりまます。初めは不安や心配もあると思いますが、それぞれが今まで身に
付けてきた力を発揮してくれると信じています。最後に、保護者の皆様には1年間本当に温かいご支援とご協力をいただき、誠にありがとうございました。

ふれっしゅ 2月号

ひらき <保護者だより№11 令和3年2月1日 発行者:一瀬祐志>

 暦の上では立春を迎えますが、まだまだ春とは程遠い寒い日々が続いています。3学期の大きな行事であるおゆうぎ会を無事に終えることができ、職員一同胸を撫で下ろしています。今回は新型コロナウイルス対策のため、学年別で実施し、さらに客席も制限を設ける形になり、保護者の皆様にはご協力をいただき、誠にありがとうございました。大きな舞台で発表する姿を皆様に観ていただけたことは、園児たちにとって本当にいい経験になり、自信にもつながっていくと思います。

 1年の中で一番短い月である2月ですが、数少ない日々の中でも保育参観やおわかれ遠足などまとめとなる行事もたくさんあります。1日1日をしっかり充実させられるよう、職員一同頑張っていきたいと思います。


クラスからのお知らせ

年少(はなぐみ・にじぐみ)
 ひなまつりの製作で、ティッシュの空箱1つを使用しますので、2月12日(金)までにご用意下さい。

ふれっしゅ 1月号

ひらき <保護者だより№10 令和3年1月8日 発行者:一瀬祐志>

 新年明けましておめでとうございます。今年は丑年です。今年こそは明るいニュースが世界中で広がる1年にしたいですね。

 さて、冬休みを家庭で楽しく過ごした107名の園児達は、元気な姿を見せてくれ、笑顔で登園して来てくれました。進級、そして就学までの残り3ヶ月となる3学期ですが、あっという間に過ぎてしまいます。さらにゆうぎ会や年長児のミュージックフェスティバル、保育参観等の行事・イベントが短い間に多くある予定です。目まぐるしい学期になると思いますが、園児達1人1人にとって充実した日々が送れるよう、職員一同全力で励んでいきたいと思います。

 まだまだ新型コロナウイルスの収束が見えない状況ではありますが、日々の対策を怠らずに園児、そしてそのご家族が健康で過ごせることを祈るばかりです。

クラスからのお知らせ

★年中(ほしぐみ・)
 鬼のお面を作りますので、顔が入るサイズの大きな紙袋をご用意下さい。取っ手の部分を切り取り、内側に記名をお願いします。
1月20日(水)までにお願いします。

ふれっしゅ 12月号

ひらき <保護者便り№9 令和2年12月1日 発行者:一瀬祐志>

 色とりどりの木の葉がいつの間に散り、冬本番を迎えようとしています。早いもので、今年最後の月となりました。風を冷たく感じるようになってきましたが、園児たちは戸外で大好きで、元気に走り回っています。ちょっとの時間でもあると、縄跳びをして遊ぶ姿も増えてきました。
 例年とは違い、なかなか行事を行うこと自体が難しい年でもありましたが、多くない行事の中でも園児たちが一生懸命取り組む姿が見れたことだけでも嬉しく感じています。これからの季節、また行事を開催することが難しくなってくるとは思いますが、可能な限りやっていきたいと思います。ご協力の程よろしくお願い申し上げます。
 忙しい年の瀬になりますが、様々な感染症が流行ってきますので、ご家庭でも手洗い・うがい・消毒、そして出かける時のマスク着用等の対応を怠らず、健康管理を図っていきましょう。

ふれっしゅ 11月号

ひらき <保護者便り№8 令和2年11月1日 発行者:一瀬祐志>

 秋らしい季節に少しずつ移り始め、園庭にあるイチョウの木には木漏れ日がさして、黄金色にきらめき出しています。
  大きな行事の一つである運動会が無事に終わり、何より全員参加することができたことが嬉しく思います。今年度は午前中開催ということで例年とは違う流れとなり、保護者の皆様にはご迷惑をおかけした点が多々あったかと思いますが、前日の環境整備や道具・テント運搬から当日の係、そして最後の片付けまで皆様のご協力のおかげで無事に終えることができました。本当にありがとうございました。運動会で見せた“頑張る力”をこれからも持続し伸ばしていけるよう改めて職員一同取り組んでいこうと思います。
 これからは気候的に過ごしやすい季節になりますので、園でも積極的に戸外に出て、自然に触れ、体を動かしながら心身の発達を促していこうと思います。また、これから感染症が流行り出しますので、手洗い・うがい・消毒の励行をお願いしたいと思います。

ふれっしゅ 10月号

ひらき  <保護者便り№7 令和2年10月1日 発行者:一瀬祐志>

 木々の葉が色づき始め、季節が足早に移り変わってきています。
 子ども達にとっては、いろいろな経験を通して、心と体が鍛えられるよい時期でもあります。できないことに挑戦して、できる喜びを一緒に感じたり、大きく成長できるように援助したりしながら、共に過していきたいと思っております。
 子ども達が楽しみにして運動会ももう目の前です。今年は出場する種目が少なくなりましたが、各学年一生懸命取り組んでいます。当日うまくいったり、いかなかったりすることもあるかと思いますが、頑張っているお子さんをご覧になられ、いつもと違う表情をして取り組む姿を是非感じてほしいと思います。 当日は何かとお世話になることになりますが、どうぞよろしくお願いいたします。

ふれっしゅ 9月号

ひらき  <保護者便りNo.6 令和2年9月1日 発行者:一瀬祐志>

 例年より梅雨明けが遅かったものの、盆明けあたりから猛暑続きだった夏休みが終わり、いよいよ2学期の始まりです。今年の夏休みは、なかなか出かけることがしづらく、いつもとは違う過ごし方をしていたと思いますが、園児たちが全員無事で元気な笑顔を見せてくれ、思い出話を聞くことができることを心から楽しみにしています。
 2学期は1年間の中で最も行事が多く、練習等で日々目まぐるしく活動することが増えますが、子ども達の“たのしい”、“やりたい”、“がんばりたい”という気持ちを引き出しながら、どの行事でも前向きに参加できるよう職員一丸となって取り組んでいきたいと思います。保護者の皆様には、行事等でいろいろとご協力をお願いする機会が多くなると思います。また、例年とは異なる形で実施していくものもあるかと思いますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

クラスからのお知らせ

★年長(つきぐみ・ゆきぐみ)
 敬老の日にちなんで、祖父母の方へハガキを送ります。1人2枚配りますので、ハガキに送り先・差出人両方の住所と氏名を表に書いて、9月7日(月)までに提出して下さい。(裏面は白紙のままでお願いします)
 

学校法人ひらき学園 ひらき幼稚園
〒851-2107
長崎県西彼杵郡時津町
久留里郷387番地
TEL.095-882-5398
FAX.095-882-5384


幼児教育


 
0
7
1
1
6
5
TOPへ戻る